宮崎県 開運占い 手相占い タロット占い 四柱推命 人生相談 悩み 問題 解決

婚活相談

画像の説明

●キリスト教「結婚式の誓いの言葉」について

キリスト教の結婚式で聞いたことのある?「誓いの言葉」を、今回ご参考として紹介したいと思います。

誓いの言葉には、基本形はあるようですが・・・しかし、決まりきったものではなく、牧師さんによって文言や長さが多少異なるようです。

※例文の〇〇には名前が入ります。

・新郎〇〇 あなたはここにいる〇〇を
病める時も 健やかなる時も
富める時も 貧しき時も
妻として愛し 敬い 慈しむ事を誓いますか? はい/いいえ

・新婦〇〇 あなたはここにいる〇〇を
病める時も 健やかなる時も
富める時も 貧しき時も
夫として愛し 敬い 慈しむ事を誓いますか? はい/いいえ

・新郎〇〇 あなたは〇〇を妻とし
健やかなる時も 病める時も
喜びの時も 悲しみの時も
富める時も 貧しい時も
これを愛し 敬い 慰め合い 共に助け合い
その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか? はい/いいえ

・新婦〇〇 あなたは〇〇を夫とし
健やかなる時も 病める時も
喜びの時も 悲しみの時も
富める時も 貧しい時も
これを愛し 敬い 慰め合い 共に助け合い
その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか? はい/いいえ

・新郎〇〇 あなたはここにいる〇〇を
悲しみ深い時も 喜びに充ちた時も
共に過ごし 愛をもって互いに支えあうことを誓いますか? はい/いいえ

・新婦〇〇 あなたもまたここにいる〇〇を
悲しみ深い時も 喜びに充ちた時も
共に過ごし 愛をもって互いに支えあうことを誓いますか? はい/いいえ

以上のことを、神様と参列者の前で厳粛に結婚の誓いを立てます。
つまり、キリスト教の結婚式では、全ての項目を「はい!」と答える厳格なルール?があります。

・あなたは、結婚の誓いを「全て守る!」でしょうか?

・そして、上記の問いについて「全てはい!」と答えられるでしょうか?

あなたの覚悟はできたでしょうか?
結婚について十分理解できら、新たな二人の旅が始まります。

宮崎の占いオアシIMGP0883 宮崎の占い6

はじめまして人生相談&婚活カウンセラー」の、山本のぶあきと申します。

・婚姻届け年齢をランキング形式でで出している記事がありました。

記事によると初婚の女性の場合9割が、男性の場合は8割が「34歳までに結婚」しているということです。

私が想像した以上に若い年齢で結婚をされる方が多数のようです・・・あなた様の予想はいかがだったでしょうか?

しかし実際に婚活をしている男女は焦りを感じることが少ないようで、結婚相談所でも「まだまだ選べる!」と勘違いをされている方が多いようです。

焦りを感じない理由として「平均初婚年齢」や「婚活ビジネス」の影響が多少あるのかもしれません。

やみくもに焦る必要はないのですが「結婚の現実」をよく理解した上で、これからどう婚活を進めたらよいか?今一度考える必要がありそうです。

画像の説明

●結婚については、友人や知人の話を聞く、または雑誌やネットで調べるなど、色々な方法があります。
しかし、よくわからない?のが結婚の実際ではないでしょうか。

そこで、婚活で一番に話題が出て、また気になる「初婚の結婚年齢」について役所に提出された婚姻届データを元に、男女それぞれをランキング形式でご紹介いたします。

ちなみに、2017年の1年間に結婚生活を開始したカップルは35万8,773カップルでした。

<初婚男性は「34歳までに約8割」が結婚>

・1番多かった男性の年齢ゾーンは、20代後半で38.9%となっています。
・2番目に多かったのが、30代前半で25.7%です。
・3番目に多かったのが、20代前半で13.3%です。

合計すると、20代から30台前半で結婚した割合は「77.9%」になっています。

つまり34歳までに結婚生活をスタートした男性は、全体の「約8割」ということです。

ですから、男性の場合は「34歳までが結婚の勝負時」ということになります。

また、35歳以上の男性が結婚生活に入ったのは「約2割」なので・・・結婚できたのは「初婚男性の5人に1人」と、とても少ない人数になっています。

<初婚女性は「34歳までに約9割」が結婚>

次に、2017年に男性のパートナーとなった、女性の結婚生活開始年齢のランキングは以下の通りです。

・1番多かった「女性の年齢ゾーン」は20代後半で43.9%となっています。
・2番目に多かったのが、30代前半で22.6%です。
・3番目に多かったのが、20代前半で18.7%です。

合計すると、この年代での結婚した割合は「85.2%」になっています。

20代前半での、結婚生活スタートは全体の約2割の発生確率ですが・・・20代後半を加えると、合計が「6割を超える」状態になっています。

繰り返しになりますが、34歳までの女性が結婚生活開始の「85.2%」を占めているのが実情です。

以上のことから、女性の30代後半からの結婚については「年間発生確率:約15%以下」の数少ない枠になります。

画像の説明

平均初婚年齢のワナに騙されないで・・・

2017年の平均初婚年齢は、初婚同士カップルで「男性31.1歳、女性29.4歳」となっています。

こういった平均の数字を見ると・・・「なんだ、アラサーになったら頑張ればいい!」という発想の男性が少なからずおられます。

しかし出会いは、そう決めた日に天から降ってくるほど、生易しいものではありません。

このような「アラサーになったら」では、短期決戦で疲弊する「婚活疲れ」に、つながりやすくもなりますので要注意です。

●実際の結婚年齢の目標を定めるなら。

結婚の平均年齢はさておき、上記のような実数でみた「発生確率」も、意識し考えたいところです。

<婚活が男性が40歳、女性が35歳の場合>

その年に発生する結婚の「1割程度」しかないので、残りが少なく、心理的に追い込まれた状況になりかねません。

出会う機会や交際期間も考えると・・・男性は「30歳」になったら考えればいい!などは、大いに勘違いをされている可能性があります。

●例えば、若い女性が好き、美人が好き、性格がイイ子じゃないと無理、親との同居も受け入れる女性がよい。

もっと言えば、自分の仕事や趣味に理解がある女性がよいなど、選り好みの激しい男性の場合・・・

発生確率や残り時間を考えると「結婚が叶わない!」という事になりかねません。
ちなみに、初婚夫婦の「平均年齢差は1.7歳」というデータがあります。

女性も30歳に突入する段階でも、まだ3割以上も発生確率が残っているので・・・
結婚相談所から、条件を満たす男性を紹介しても「好きになれない」などの理由で、お断りされる場合があるようです。

もし、女性の方が「男性からきてほしい」など言っていると・・・
あっという間に35歳へ突入し、年齢により結婚がかなり難しくなります!ご注意下さい。

ですから「平均初婚年齢のワナ」について、じゅうぶんご理解の上で婚活をおすすめ下さい。

画像の説明

●結婚についての意識調査

・既婚者からの意見・・・結婚は人生の○○!
・結婚はしたいけれど・・・そんなに簡単には決めれない!
・失敗したくないから、じっくり慎重にしたい!もっといい人がいるはず!

こういった気持ちは、既婚者である自らの20代を省みてよくわかります。

そこで20代~50代の既婚者に対して実施した調査結果をお伝えしたいと思います。

既婚カップルの意識調査の結果では・・・

●結婚についての意識調査では

・人生の「スタートや出発」が1位になり・・・
・人生の「途中経過や節目」が2位、3位であることが分かりました。

異なる人生を歩んできた男女2人にとって・・・
お付き合いの開始時点が早く、長いほど、調整や見直し気づきなどが多様で柔軟なものになりやすく、2人だけの世界を作り上げていき易い傾向があるようです。

婚活では、夢や目標とする結婚相手に出会い結婚相手を勝ち取りにいく・・・まるで絵に描いたような理想相手を探して、とても苦戦する男女が沢山いるようです。

他人が作った理想がそこにあるのではなく「2人だけのオリジナルの理想」を「時間をかけて作り上げる」ことが、結婚の最大の醍醐味ではないか?と個人的には思います。

オリジナルの理想の家庭作りに向け、一緒に寄り添い、2人で話し合い考えていく、その方が結婚が上手くいくのではと思います。

そして、2人で小さな夢を大きな目標へと時間をかけて取り組んでいけたなら、素晴らしい結婚生活であり人生だと思います。

そのような「人生の良きパートナー」を探し得ることができた2人が、結婚を「4位」の人生の幸せ、「5位」の安らぎ、と回答しているのではないでしょうか?

画像の説明

●「男性で第2子を授かるピークが33歳」という記事がありました。

平均初婚年齢や女性の出産年齢は上がってきてるものの・・・

子供を2人以上持ちたいなら、婚活男性も20代のうちに結婚していないと間に合わない事になります。

40代初婚男性で、結婚出来ている割合は1割にも満たない「7.6%」で、だんだん結婚自体が難しくなっている現実があります。

男性の「2子目の授かりピーク」は33歳であり、統計的には「男女の年齢差」について大差が無いようです。

高齢化社会での結婚や出産において、よく目にする「平均出産年齢」と実態(統計的なピーク)年齢には、それなりの差が生じてしまいます。

そして、この差はピーク年齢よりも「平均年齢を高く」する方に発生しているようです・・・どうしてでしょうか?

女性は16歳、男性は18歳から婚姻届が提出できることからも、実際の結婚や出産のピーク年齢から極端に若い方では発生しません。

その一方で、ピーク年齢よりもはるかに「高い年齢での結婚や出産」は、発生することが可能です。

この、平均年齢からかけ離れた高い年齢で起こることにより、実際は確率の低い出産が、全体の平均値を「高齢側にずらす」ことが原因のようです。

画像の説明

●人は誰でも「幸せに生きる」ために、この世に生まれてきました。

しかし、人生における様々な出来事の中で、時には「生きる意欲や目的」を見失うことがあります。

その時、人は「幸せに生きる」ことは何かと「人生に問う」のだと思います。

人生相談婚活カウンセリングでは、人生上の悩みや婚活をきっかけに、ご相談者様に有効なアドバイスができるように取り組んでいます。

  • 悩み苦しみが、本来は「恩恵」だと気づき、学んで幸福になりましょう。
  • 悩み苦しみを、自分自身の「試練」として乗り越え、成長して幸福になりましょう。
  • 悩み苦しみを、物心両面の豊かさに「変換」させ、分かち合って幸福になりましょう。

・私たち開運オアシスでは、人生相談婚活カウンセリングによって、ご相談者が「幸せに」成られることを目標にしています。

ご相談者様の結婚が枯れることのない「幸せのオアシス」になれるようにと願い努力し取り組んでゆきます。

・あなた様の「開運=幸福せづくり」を、心を込めてさせていただきます。
今後とも、開運占い人生相談のオアシスを、よろしくお願いいたします。


開運占いオアシスC 開運占いオアシスA

■個人情報の取り扱いにつきまして 

ご相談者の住所、氏名、電話番号等の個人情報、およびご相談内容に関しましては、守秘義務が発生するものと考え、第三者に漏洩することの無いよう努めています。

画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional